TOP > 監修者紹介

監修者紹介

比叡山の守母(玄武勝龍)のプロフィール


比叡山の守母(玄武勝龍)のメッセージ

数年前に国の特定疾患である「もやもや病」になりました。不治の病であると知った日は、さすがに辛く一晩中泣いて過ごしました。ですが、いつまでも泣いていたって何も変わりません。これが運命だと受け入れ、残りの人生を占いを通して迷える人々を救うために捧げたいと思いました。生きるというのは、それだけで大変なことです。多くの方が思い悩む中、希望を見出すお手伝いができればと思っております。「情けは人のためならず」。みなさまの幸せや喜びが、そのままわたしの幸福へと繋がっております。

完全無料メニュー!