TOP > 今月の星の影響

今月の星の影響 毎月、ルネ・ヴァン・ダール研究所所属の占い師の先生方が月替わりで星の動きをお話しします。

ホロスコープ

5/1〜5/31の星の動き

約7年をかけて1つの星座を運行する天王星。天王星占星術の基盤ともなっている星が今月15日、牡羊座から牡牛座へと移動します。世の中の動きが徐々に、けれど確実に変わっていくのを感じることになるでしょう。試練の星・土星と再生の星・冥王星が山羊座を運行し、幻想の星・海王星が魚座を運行する現在、この天王星の星座移動は概ね好影響をもたらします。
ビッグニュースが飛び交い、激震の暗示もありますが、それらは次にやってくる良い変化の予兆。何かが変わろうとする時は、それに抵抗する勢力が生まれやすいものです。短期的には16日に水瓶座へと移動する戦いの星・火星と天王星が凶角を形成するため進んでいたことがひっくり返るような出来事があるかもしれません。

ワンポイントアドバイス

状況が二転三転しやすくなっていますから、冷静に見極めて行動することが大切です。自分の中で大事なことの優先順位をはっきりさせ、行動の指針をきちんと持っていましょう。「運は乱にあり」変化を味方につけてくださいね。

次回更新日:2018年5月31日

今月のおすすめ

人生総合

ルネ・ヴァン・ダール研究所

「ルネ・ヴァン・ダール研究所」は
1976年にルネ・ヴァン・ダール・ワタナベが創立した、
占いや神秘学、および心の研究所です。
日本で初めて『世界の占い』を学術的に解析し、
新しい心理学の立場から現代生活に直接役立つよう研究を行っています。
創立以来、約40年の永きにわたり、常に個人の自己確立を念頭に置き、
人間の幸せのありかたを実践的に追究し続けることを使命としています。

モナ・カサンドラ

今月のお話:モナ・カサンドラ

妖精、魔女物語などファンタジックな世界に興味をもち、本格的な研究の道を模索、ルネ・ヴァン・ダール研究所の研究生となる。研究所では、占星学のロジックを徹底的に解読・探求し、コンピュータによるホロスコープ作成の道を拓く。アルケミイ研修3年、専科7年の研修を経て、1995年、占星、タロットの師範課程を修了。師より占名を受ける。現在は執筆活動を始め、さらなる占星の研究を重ねている。なかでも「月」の動きに着目した「日々の運気」についての解説には確固たるキャリアがある。

日本占術協会 理事
日本占術協会 認定占術士
日本時空心理学協会 会長
日本占術協会 功労賞 受賞