TOP > 今月の星の影響

今月の星の影響 毎月、ルネ・ヴァン・ダール研究所所属の占い師の先生方が月替わりで星の動きをお話しします。

ホロスコープ

1/1〜1/31の星の動き

新しい年が始まりました。太陽、水星、金星は揃って磨羯宮を移動し、同じ宮に滞在中の土星や冥王星を追い越していきます。その旅路は、白羊宮にいる天王星とは不調和な角度。ジェンダーやセクハラに関する問題が噴出したり、性犯罪が増えてしまう心配があります。1/17には、そこに月も加わって新月に。
日常の中でも、溜まったうっ憤が堰を切り、あふれ出してしまうようなことがあるかもしれません。火星と木星が天蝎宮で重なり、“断ち切れない情”を表す海王星とよい角度をとるのも、やはり色恋沙汰や、積年の思いを晴らすようなできごとにつながりがちです。しかし見方を変えればとても艶っぽい星の配置ですし、恋の大逆転劇を望むなら、これほど強い追い風もないでしょう。

ワンポイントアドバイス

普段言えずにいた想いを、勇気をもって伝えましょう。恋に限らず、家族への要望や、オフィスでのさまざまな改善案など。思いが強いほど相手を攻撃してしまいがちですが、ぐっとこらえてそれを感謝の言葉に変換してください。驚くほど状況が変わるでしょう。

次回更新日:2018年1月29日

今月のおすすめ

人生総合

ルネ・ヴァン・ダール研究所

「ルネ・ヴァン・ダール研究所」は
1976年にルネ・ヴァン・ダール・ワタナベが創立した、
占いや神秘学、および心の研究所です。
日本で初めて『世界の占い』を学術的に解析し、
新しい心理学の立場から現代生活に直接役立つよう研究を行っています。
創立以来、約40年の永きにわたり、常に個人の自己確立を念頭に置き、
人間の幸せのありかたを実践的に追究し続けることを使命としています。

アイラ・アリス

今月のお話:アイラ・アリス

論理としての心理学と実践的な心理カウンセリングの間には、大きなギャップがあることを実感。現実的に役立つ行動療法の一環として、ホロスコープ研究のため、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベに師事する。「天文心理学」「ホロスコープ・カウンセリング」「アルケミイ体操」を習得。現在、ホロスコープ・カウンセリングを面談にて行いつつ雑誌媒体やサイトなどへの西洋占星術の原稿執筆も行っている。

日本占術協会 常任理事
日本占術協会 認定占術士
日本時空心理学協会 副会長
英国占星学協会会員
日本占術協会 新人賞 受賞
日本占術協会 奨励賞 受賞