監修者紹介

オリジナル占術『黄月式占星術』で前向きな気持ちと幸せを導く 黄月

数多くの占術を習得し、20年以上の占歴を持つ。
宿命の星を理解した頃から「占い通りに生きてみよう」と思い、人生の大切な決めごとは『黄金期』に決断し、要注意の時期には、他人が喜ぶ事に時間を使うようになった。

2009年には千葉県木更津市に『天使の館』が完成。日本各地から多くの人が鑑定に訪れ、圧倒的なリピート率を誇っており、芸能界・財界・スポーツ界との太いつながりがその実績を物語っている。

メディアへの露出も多く、『MISTY』や『Sweet』等の雑誌、自著『天中殺占い』の他に千葉県のラジオ局かずさFMでは、平成27年3月から3年以上レギュラー出演を続け、地元木更津でも長きにわたり愛されている。

ご縁を頂いた皆さんが幸せの答えを見つけるお手伝いができたらとの思いから、独自占術『黄月式占星術』を用い、人生のチャンス『黄金期』をもとに、数多くの人を前向きな気持ちへ導き、成功の後押しをしてきた。

『黄金期』を知ることによって、恋愛・結婚・人生すべての場面において物事がうまくいく好機を把握し、鑑定した人を幸せに導く。どんな悩みにも柔軟に対応でき、高い的中率と満足感を実現している。

黄月からのメッセージ

はじめまして黄月(ふぁんむ〜ん)と申します。
たくさんのサイトの中から、私を選んでくれてありがとうございます。

私の人生、占いで大きく変わったと思っています。
宿命を知って運命を変える。まさに占いは人生の羅針盤だと思っています。

今日、ご縁をいただき、このサイトに来ていただいたあなたに、この先、たくさんの幸せが訪れるよう祈っています。

ありがとうございます。

監修者サイン

占術紹介

黄月式占星術とは 運の攻めどきを知り多くの人を幸せに導く占い
黄月式占星術は、黄月がさまざまな占術・要素を組み合わせた独自占術です。

黄月式占星術ではまず、基本となる性格を6つに区分します。
恋愛や結婚、人生の選択の場面でどんな個性を持ち、その人の本当の強みは何なのかを分かりやすく、ユニークに表現します。
そしてその性格を基に人生全体の運気の流れを読み解いていきます。

また、黄月式占星術の最大の特徴として『黄金期』という考え方があります。 『黄金期』とは、「動いてはいけない時期」「すべてがうまくいかない時期」と言われる天中殺と真逆の性質を持つもの。
つまり、「積極的に行動を起こすことで幸せを掴むことができる時期」と言われています。 『黄金期』は人生の「攻めどき」つまり、「運の追い風が得られるとき」なのです。人生の中で、恋愛や結婚、復縁、仕事。その大小はあれど、さまざまな場面で「攻めるべきタイミング」が訪れます。そのタイミングを見誤ってしまうと、好機を逃してしまったり、本来うまくいくはずのものもうまくいかなくなってしまいます。

運の風向きを知ることは、自分を知ること。そして、自分の可能性を広げること。
多くの悩める人の背中を押し、攻めるべき「ここぞ」というタイミングを教え、幸せへと導く。黄月式占星術には「多くの人を幸せにしたい」という黄月の想いが込められているのです。
宿命星 その人の本質を示しエネルギーを引き出す6つの星

黄月占星術では、その人の性質を「慧眼のカリスマ星」「希望の戦車星」「非凡のはみ出し星」「強靭なるアンカー星」「進撃のダンプカー星」「潜在能力の駆け出し星」の6つに区分します。この6つのタイプは、その人の性格というより、持って生まれたエネルギーを表しています。これに「当てはまらない」と感じる人は、持ち前のエネルギーや運をうまく発揮できていないような環境に身を置いてしまっているということになるのです。

  • 慧眼のカリスマ運
  • 希望の戦車運
  • 強靭なるアンカー運
  • 進撃のダンプカー運
  • 非凡のはみ出し運
  • 潜在能力の駆け出し運

人間の性格には育ってきた環境が大きく作用します。どんな親に育てられたか、どんな人と出会い、どんな体験をしてきたか。周囲の環境から良い影響を受け、良い方向へと変わっている人もいれば、自分の本意ではない、本来の資質を発揮しづらい方向に変わっている人もいるはずです。誰かの言葉に傷つき気持ちを抑え込むようになってしまった人、周りの要求に応じて、まったく違うキャラクターを演じている人もいるかもしれません。
そうして本物ではない自分を「これが自分なのだ」と定義づけてしまう。
黄月式占星術は、本来の自分の良さを引き出し、前向きな気持ちを思い出すことによって、ありのままの自分の姿で明るい未来へと歩んでいくことを後押しします。
また、この星たちはその人の本質を示すものであり、自分自身も気づけていない心の声を「星のささやき」として伝えてくれます。

黄金期グラフ 恋愛・人生・結婚……運命のターニングポイントに乗り遅れないために
グラフ

黄月式占星術では、それぞれの人生の中に好不調の波があることは当然のことととらえます。
しかし、運気が下がり、悪いことばかりのときでも、ただ下を向いて落ち込むのではなく、前向きな気持ちで次に来る運気の波……『黄金期』に備えていてほしいと考えています。やがてやって来る人生や結婚の『黄金期』に乗り遅れない。これが黄月式占星術のキーワードになっています。
1人用の『黄金期グラフ』では、年月日を1つのサイクルとして、あなたに訪れる運命のターニングポイントを明確にお教えします。

また、人間は1人で生きるものではありません。特に恋愛は、一筋縄ではいかないもので、「ドキドキ」「ハラハラ」といった感情を味わわせてくれた人を「好き!」と感じても、しばらく経つと合わない部分が出てきたり、愛が憎しみに変わり、激しく傷つけ合ったりすることもあるでしょう。逆に、一緒にいて心が楽であっても、お互いに状況を変えようと思わないケースもあるかもしれません。
とはいえ、相手のことを理解する、丸ごと愛する気概があれば、どんなことも乗り越えられるはず。
2人用の『黄金期グラフ』では、自分だけでなく、相手の『黄金期』を算出し、恋の場面におけるアプローチのチャンスや動くべきポイントを明示します。

グラフの見方
グラフ

通常期グラフは「黄金期を意識しない場合にたどっていく、現状の悩みや苦しみを抱えたままの運勢推移のグラフ」であり、黄金期グラフは「自分の黄金期を意識し、鑑定により悩みが晴れた場合の運勢推移のグラフ」を表しています。

通常期のリズムで生きると、人はマイナスのサイクルのなかで生きていくことになります。黄金期のリズムでは、通常期グラフをプラスのサイクルに反転させた幸運サイクルのなかで、さらにチャンスが高まる時期を光らせて表示しています。この時期を意識して過ごすことで、運命を成就させることができます。

完全無料鑑定

愛と人生の本質を読み解くヴィーナスホロスコープの的中率をまずは完全無料で体感ください

  • 背中を押します!◆孤独な恋愛◆相手が求める幸せ/想い人/向ける視線
  • 【黄月式占星術で読み解くあなたの宿命星】潜在能力/幸せな恋/出会い

黄月式

心の月が照らすお悩み別おすすめメニュー

#あの人の気持ちが分からず#苦しい片想いに悩んでいましたが、先生に相談し#明るく前向きになれました! #その先の未来も見えたような気がします。
#結婚できない#婚活も全然ダメ。ネガティブな感情になっていましたが、鑑定がきっかけで#運命の人がそばに居ることに気づき、幸せになれました!