• 占術紹介
  • 監修者紹介
  1. TOP
  2. 監修者紹介

大魔術カードを生み出した、占星術界のレジェンド ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ

先生写真 1942年 東京に生まれる。祖父は江戸文学者 宮川曼魚。
学習院中等科、高等科を経て、学習院大学文学部卒業。
卒業後、ユネスコ国際文化交流組織の派遣学生として、ロンドン青少年科学会議に参加。帰国後、六本木・狸穴にアトリエを開設。
エッセイ、シナリオなどの執筆活動(※1)を開始する。

その間、マスコミ各誌に西洋占星術、エッセイ、評論、心理テストなどを執筆(※1)。心理学、文化人類学、比較宗教学、超越瞑想などの分野で教壇に立つこともある。人間の苦悩は、「時間的空間」を認識したことに始まると考え、ここに着目し、独自に研究開発した「時空心理学」に基き、来談者中心のカウンセリング療法を 行ってきた。

科学万能が叫ばれた20世紀には、「占い」は非科学的なものとして、排斥される傾向が強く、その効用を学術的な立場から研究する者はほとんどいなかったが、ルネは「占い」の持つドグマを排除し、有効性を抽出して、現代心理カウンセリングに応用できるように再構築した。

また、ボランティアとして、現代人の悩み相談の「ホットライン」を開設し、35年間にわたって、社会奉仕活動を続けた。後年は、後進の指導に当たる他、エッセイ、小説、評論などの執筆活動に専念(※1)。日本時空心理学協会会長、日本占術協会副会長、国際予想科学協会副会長などを歴任。

2011年11月永眠。

※1 1979年4月8日 実業之日本社「MyBirthday」、2011年2月17日 実業之日本社「MISTY」3月号

大魔術カードを生み出した、占星術界のレジェンド ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ

シンボルマーク 1976年にルネ・ヴァン・ダール・ワタナベが創立した、占いや神学、および心の研究所。

『世界の占い』を学術的に解析し、新しい心理学の立場から現代生活に直接役立つよう研究を行っています。創立以来、約42年の永きにわたり、常に個人の自己確立を念頭に置き、人間の幸せのありかたを実践的に追究し続けることを使命としています。

おすすめの鑑定

宇宙の神秘を秘めた奇跡のカードの力をまずは無料で体感ください!
有料版特典