愛と官能を呼び覚ますタントラ思想の化身 秘宝・ダーキニーカード

  1. TOP

◆ダーキニーカードについて◆

 “Dakini”(ダーキニー)はチベットの愛と死と知恵の女神の名前。ダーキニーカードは、インドに古くから伝わる「タントラ思想」をもとに西洋でつくられた占いカード「The Secret Dakini Oracle(ザ・シークレット・ダーキニー・オラクル)」を、オリジナルにアレンジしたものです。
 インド発祥の「タントラ思想」と西洋の感性との融合による65枚のカードは、大きく3種類に分けられます。

 65枚のうち22枚は、それぞれがタロットカードの大アルカナと同じ意味を持ちます。そして西洋思想の「四大元素(風火水土)」を司るカードが各10枚あります。さらに残りの3枚は特別な意味を持ち、自然の摂理にもとづく「運命の3カード」として位置づけられます。

 特徴として、全65枚のカードが正逆の解釈なく読み取られ、カード一枚一枚に託されたタントリズムの世界観が、解釈に重要な役割を果たします。
 ユニークなカード絵柄は、見つめるほどスピリチュアルなイメージを誘います。恋愛面、また特に精神面を掘り下げるのに最適なカードだといえるでしょう。

【タントラ思想とは】

 500年ごろにインド最古の地層(ヴェーダやウパニシャッド)から表象や思想を受け継ぎ、最後の仏教として発生しました。仏教では従来、解脱や悟りを開くためには俗なるものを排除し、厳しい禁欲が要求されます。しかし、タントラ思想は逆に俗なるものはそのままに、聖の極みに到達しようとする方途で、快楽や美しいものを見る喜び、恍惚を肯定する思想のことを指します。

【監修者紹介】

TZUCA-J(ツカ・ジェー)
 25歳のときに、東洋占術の奥深さに魅了され、占いの世界へ。ライターの仕事をしながら東洋占術を中心に研究。現在は、メディア工房の専属占い師として活躍中。独自の感性と鋭いインスピレーションによる占断で人気を集めている。