心深くにメスを入れる緊迫の的中率【神谷充彦 ジオマンシー呪星術】

監修者紹介
占術紹介
結果サンプル
おすすめリンク
  1. TOP > 監修者紹介

監修者紹介

西洋占星術研究家 神谷充彦 Kamiya Mitsuhiko

幼少期より、西洋占星術、数秘占術、隠秘学、神秘主義に深い関心を持ち研究を行ってきた。

現在、取り組んでいるテーマは西洋占星術を機軸とする万物照応の実践哲学の研究と著述。

過去には、西洋占星術と数秘占術の鑑定、鑑定師の養成、レクチャーなどを行ってきたが、現在は研究に集中するため、書籍執筆ならびに、雑誌記事、ネットコンテンツ等の監修のみ行っている。

【著書】

『正統ピタゴラス数秘占術』(学研パブリッシング)
『あなたの夢を実現する魔法の絵』(学研パブリッシング)
『消された惑星「冥王星」の黙示録2012』(学研パブリッシング)
『詳解 月の正統西洋占星術』(学研パブリッシング)



【携帯コンテンツ監修】

『究極のピタゴラス数秘』



【公式サイト】

占星術オフィス アルクトゥルス



神谷充彦からのメッセージ

神谷充彦です。

日本ではあまり知られていませんが、ジオマンシー(土占術)はとても古い起源を持つ占いです。十二世紀にアラブ文化圏からヨーロッパに流入して以来、占いとしてだけでなく運勢を好転する「魔力」を期待されて、欧米諸国では根強い人気を保っています。伝統的には土の上に石を置いたり、棒で印を描いたりして占いますが、近代においては、より簡易な紙とペンを使う方法も考案されました。

また、イギリスにかつて存在した魔術結社「黄金の暁団」では、ジオマンシーと西洋占星術との高度な融合が図られ、その占いとしての的中率も著しく向上したと言われます。

私が今回ご紹介する「ジオマンシー呪星術」は、太古のルーツを持つジオマンシーを「黄金の暁団」の理論に沿って占星術と融合させたことで、出生年月日から運命を割り出せるようになった新たな占いシステムです。

隠秘学の奥義が凝縮されたこの「ジオマンシー呪星術」は、悩める現代人にとって、その悩みの悪循環から脱する道筋を示す光となってくれることでしょう。

監修者サイン

緻密で具体的……まずは的中力を肌で感じて下さい 完全無料メニュー

本当に当たるので、覚悟がある方のみ見て下さい おすすめメニュー






トップページに戻る

特定商取引法の表示
Copyright (C) Media Contents Plan Co., Ltd. All Rights Reserved.
このページの無断転用・転記を禁じます。


Yahoo!占い