TOP > 監修者紹介・占術について
監修者紹介 東明 瞳光 あづまみょう とうこう

仙台在住の“神感師”。
二十歳の時、夢枕に突然、観音様が現れ、人助けの命を受けて透視能力が身に付いたことをきっかけに占いの道へと進む。その類まれな透視力が口コミで話題となり、全国から相談者が殺到。

電話越しで相談者の状況や、気になる相手の本音が視えるのはもちろんのこと、本人の健康状態や、相談者の部屋・職場の間取りまで詳細に言い当てることができる。
また、開運のための祈祷や浄霊も得意とし、鑑定の最後に伝える、エネルギー改善の「開運おまじない」も“名物”として人気を博している。

また、透視によって将来出会う「運命の結婚相手」の特徴なども具体的に視え、実際にその通りの人物と結婚できた相談者から報告が多数寄せられている。
芸能人やミュージシャンの、今後訪れる仕事や成功をピタリと予言するなど、著名人にもファン多数。

LINEトーク占いでデビュー後、連日リピーターからの依頼が殺到。全く電話が繋がらないと言われるほどの人気を博している。

占術について

「透視タロット」とは、東明氏が普段「透視」によって視ている世界を、タロットカードの「絵」として映し出したものです。
相手の感情や、あなたを取り巻く状況、今後のあなたにとって重要な場所、これから出会う人物像、時期や体調まで……
詳細に可視化して、あなたにもお見せいたします。

「透視タロット」で使うカード

「透視タロット」のカードには、東明氏が透視した「ビジョン」や「イメージ」、神様から受け取った「メッセージ」が一枚の【絵】として映し出されます。

Illustration:大谷津竜介、川端隆嗣、夏雪、野中みやこ、広野りお、やまなか韶子、山中奈緒子

スプレッドについて

「プロジェクション・スプレッド」は、透視タロットのために考案された、東明氏によるオリジナルスプレッドです。

人体の各部位に見立てたポジションにカードを配置し、その部位から感じ取ったイメージに沿ってカードの意味を読み解きます。

【1・18】…頭頂部:閃き
【2・19】…頭:思考・想像
【3・20】…目:見たいもの/見えるもの/顕在事項
【4・21】…耳:聞きたいこと/聞こえるもの
【5・22】…鼻:感じるもの
【6・23】…口:言いたいこと/言えないこと
【7・24】…左肩:援助/味方
【8・25】…右肩:責任/重圧
【9・26】…心:本心/感情
【10・27】…腹部:抑圧された感情/潜在意識/肉体的疲労
【11・28】…下腹部:肉欲/本能的欲求
【12・29】…左手:生まれ持った才能/特技/過去の経験/身につけてきたこと
【13・30】…右手:これから手に入れるもの/掴む幸運/願望
【14・31】…左膝:過去の行動/したくないこと
【15・32】…右膝:未来の行動/転機/したいこと/行きたい場所
【16・33】…左足:過去のトラウマ/コンプレックス
【17・34】…右足:これから訪れる障害/克服すべき課題
【35】…2人の関係性:現在
【36】…2人の関係性:近未来
【37】…2人の関係性:結末

スプレッド