スペシャルコラム 過去の重大事件日! ホロスコープ解説

鏡リュウジが、過去に起こった重大事件日のホロスコープを読み解き、その日の惑星の配置と事件との関連性を解説します!(※不定期更新)

今回のテーマ

2001年3月31日 大人気!「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開園

2017年3月14日更新

2001年3月31日のホロスコープ
2001年3月31日のホロスコープ
 日本を、いや世界を代表するテーマパークといえばディズニーとユニバーサルということになるでしょう。いずれもエンターテイメントの最高峰に位置づけられるものです。
とくに昨今では、大阪のユニバーサルジャパンの勢いが目立ちますね。
このテーマパークの開園時のホロスコープは何を物語っているのでしょうか。

 まず、興味深いのは天王星と海王星がともに水瓶座に入っていることです。
天王星、海王星はともに遠大な周期でホロスコープをめぐる天体で、天王星は12星座をめぐるのに84年、海王星にいたっては164年かかります。このような周期の長い天体は個々人にはもちろんですが、その時代の雰囲気をよく象徴するとされています。
 天王星、海王星がそろって水瓶座を運行するのは98年から2003年のおよそ5年間。革新を表す天王星と夢やヴィジョンを象徴する海王星がそろってテクノロジーや最先端の技術を表す水瓶座にあったこの時代、映像やエンターテイメントの技術に対しての大きな期待が高まっていたのです。このときにUSJが開幕しているというのは実に時代の雰囲気と合致していますね。

 さらにホロスコープでもっとも重要な太陽は美と楽しみの星である金星と正確に合、さらにさきほどの夢の海王星、そして幸運の木星と互いに良い角度を取っていてその中心角にあるという配置になっています。これは人々の夢を受け止め、さらに新しい楽しみとヴィジョンを牽引していくというかたちでしょう。

 一方で冥王星(極限、死)、月(感情)、水星(知性)がハードなアングルを取っているのも目に付きます。これは個人であれば深刻になりやすい傾向や思いつめやすい状況を表すもので決して楽観はできないものですが、ことUSJに関しては、スリルやミステリー要素の強いコンテンツを次々に取り入れることでその星のシンボリズムを良い方向に活かすことになるということかもしれません。

 火星、冥王星の合はチャレンジ精神に満ちたスリルを憧れる星の配置。今後も、スリリングなコンテンツで(ただし事故のないように)ぜひ、僕たちを楽しませて頂いていってほしいと思います。

鏡リュウジの星座と運命〜星はあなたを守っている〜 今月のイチオシ占いメニュー

あなたの運命は!?

バックナンバー

このページの上部へ